1. TOP
  2. NEWS
  3. 【福岡・冷泉町】四季折々の和食をゆっくりと楽しめる食堂がオープン!朝昼夕と一日中楽しめるメニュー♪

【福岡・冷泉町】四季折々の和食をゆっくりと楽しめる食堂がオープン!朝昼夕と一日中楽しめるメニュー♪

「食堂 おわん」がオープン/博多区冷泉町

4月11日、地下鉄呉服町駅から徒歩約4分のところに「食堂 おわん」がオープン!四季折々の和食を〈朝食/昼食/夕食〉でメニューを変えて提供している食堂です。

店内は、カウンター16席、テーブル2卓(8席)の全24席。自然光が入る、開放的で落ち着いた空間です。

朝昼夕でメニューが変わる!四季折々の和食をゆっくりと堪能できる食堂

「食堂 おわん」は、同じく博多区冷泉町にお店を構える「香家(こうばしや)」や「小料理屋 そのへん」の姉妹店として開店!『日本の食文化に馴染み深い食器‟おわん”のように、大事な食事をそっと支える存在になりたい』という想いで「食堂 おわん」と名付けたのだそう。

「一汁三菜」を基本に、厳選した素材を使用して、和食を中心に身体に優しいおばんざいを全て手作りしています!メニューは〈朝食/昼食/夕食〉で変わり、四季折々の和食が楽しめます。

一番人気は昼食!炊き立てご飯が味わえる日替わり御膳

今回は、「食堂 おわん」で一番人気の昼食メニューをご紹介します!

【昼食】炊き立て土鍋ご飯の日替わり御膳/2,000円(税込)

内容は、〈炊き立て土鍋ご飯/お味噌汁/選べるメイン(お肉/お魚/自家製豆乳豆腐の麻婆豆腐)/こだわり素材の小鉢5種/八女茶〉。メインを引き立てる極上のご飯と、和食を中心とした優しい風味のおばんざいが楽しめます。

炊き立て土鍋ご飯

お米を美味しく楽しめる「土鍋ご飯」は、一人一つずつの土鍋で炊き立てが味わえます!お茶碗2杯分くらいの量です。

山形県産「つや姫」をメインに使用しており、名前の由来の通りツヤがあることが特徴。粘り気や甘みを味わうことができます。

選べるメイン(お肉/お魚/自家製豆乳豆腐の麻婆豆腐)

牛ハラミのステーキ

メイン料理は、日替わりの肉・魚料理または「自家製豆乳豆腐の麻婆豆腐」から選ぶことができます!今回は、肉料理「牛ハラミのステーキ」をチョイス。

牛ハラミのステーキは柔らかく、ジューシーな旨みが詰まっています!素材の旨みが堪能できる優しい味付けです。

こだわり素材の小鉢5種

鶏ささみときゅうりの和え物

白身魚の南蛮漬け

牛肉と大根煮

浅漬け

小鉢は、日替わりで5種類を提供しています!店主自らが厳選した食材を使用し、小鉢を作っています。様々な小鉢が少しずつ楽しめるのは嬉しいですね♪

手作り豆乳豆腐

中でも、ここでしか味わえない自家製の「豆乳豆腐」は必見!毎日練り上げるシンプルな葛豆腐で、箸ではつかめない程のとろとろ食感です。

口の中に広がるまろやかな甘みとなめらかな口どけがたまりません。

お味噌汁

ホッとする優しい味わいの味噌汁。わかめやしめじ、大根や玉ねぎなど具だくさんに入っています。

八女茶

お茶は、八女茶を提供しています。土鍋ご飯やおばんざいと共に、八女茶が味わえるのは嬉しいポイント!朝食や夕食でも、充実した御膳やコース料理が楽しめるので、記念日にもおすすめです。

一日を通して四季折々の和食やお酒が楽しめるお店

「食堂 おわん」では、季節に合った調度品や器にも力を入れており、日本ならではの季節感を毎日楽しめます。

四季折々の和食やお酒が楽しめるお店「食堂 おわん」へ、ぜひ一度足を運んでみてください!

webてんじんは、福岡発のグルメ&エンタメ情報を毎日配信☆彡

店舗INFORMATION店舗INFORMATION
店名

食堂 おわん

Instagram
住所
福岡市博多区冷泉町9-20
電話番号
092-292-0409
営業時間
7:30~23:00
朝食 7:30〜10:00(L.O.9:30)
昼食 11:00~14:00(L.O.13:30)
夕食 17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日
不定休
食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40066974/
RECOMMENDED NEWS
同じエリアのおすすめ情報

同じ地域のニュースが見つかりません