1. TOP
  2. FEATURES
  3. 【天神ビッグバンまとめ2023年】天神は『高層ビルが建ち並ぶ街』街へ変貌する
2023.01.20 UP DATE

【天神ビッグバンまとめ2023年】天神は『高層ビルが建ち並ぶ街』街へ変貌する

大変革期を迎えている九州最大の繁華街『天神』。2015年に発表された天神地区再開発プロジェクト「天神ビッグバン」により、天神には続々と新しいビルが誕生しています。そんな天神ビッグバンの最新情報を『明治通りの西から東』に向かって、現在の様子と共にまとめてご紹介します!

①福岡大名ガーデンシティ

旧大名小学校跡地

天神ビッグバンの『西のゲートウェイ』となる旧大名小学校跡地。そこに誕生するのが「福岡大名ガーデンシティ」です!九州初上陸となる「ザ・リッツ・カールトン福岡」、商業スペース、オフィスが順次オープンしていく予定です。

1月20日(金)に広場がオープン!誰でも利用できる憩いの空間が誕生

1月20日には広場が一足早くオープンしました。誰もが無料で利用できる憩いのスペースです。広場のオープンを記念して、コンセプトを体現したイベント「THE MEET SYNERGY DAYS」1月21日~22日の2日間限定で開催されます。九州のローカル食材の魅力を発信している「&LOCALS」と“100 年続くマルシェを福岡につくる”という想いのもと誕生した「福マルシェ」が初のタッグを組んだイベントです。

広場には、博多人形師の中村弘峰さんが手がける「大名の大狛犬」という遊具化されたモニュメントが設置されていますよ♪

商業フロアは4月6日より順次オープン!

商業フロアのテナントが決定!⻄⽇本・九州初進出を含むファッション、グルメ、カルチャーを体現する個性豊かな店舗が出店します。4月6⽇に3店舗、6月8日に15店舗がオープン予定です。

「福岡大名ガーデンシティ」商業フロア入居テナント一覧

4月6日オープン(3店舗)

【九州初】N˚21/BAROQUE/BONAVENTURA

6月8日オープン(15店舗)

【九州初】The CRAFT Bar and Grill/Pizzeria Da Gaetano/【九州初】Dr. Vranjes Fukuoka/友枝歯科・矯正歯科クリニック福岡天神/【西日本初】ASAKO IWAYANAGI FUKUOKA/PIETRO MIOMIO/セブン-イレブン/【西日本初】米ル/鳥カミ/【西日本初】jiubar FUKUOKA/【西日本初】福岡焼肉 kintan/西村や/【西日本初】すし笑/TEPPANYAKI 10 FUKUOKA/ロータスパレス/【九州初】Park South Sandwich

②天神西交差点そば

住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画(仮称)

現在の様子(2023年1月20日)

天神西交差点すぐそばにあった「住友生命福岡ビル」「西通りビジネスセンター」は一体化し、地上24階・地下2階・高さ約113メートルのビルが建つ予定です。地下では、地下鉄天神駅と接続する計画で、竣工は、2025年5月を予定しています。

ビルのシンボルツリーとして西側広場には『桜』が植栽される予定です!交差点に四季の彩りをプラスします。また、広場には植栽と合わせてベンチなどの休憩施設を設ける予定です。

※記載内容については、今後の実施設計や関連官庁との協議等により計画に変更が生じる場合があります。

③福岡パルコ横

ヒューリック福岡ビル建替計画(仮称)

現在の様子(2023年1月20日)

新館パルコ横にあった「ヒューリック福岡ビル」は、地上19階・地下3階・高さ約92メートルの複合ビルが建つ予定です。竣工は、2024年12月を予定しています。

地上は明治通りとメルヘン通り交差部、地下は地下鉄天神駅コンコース最寄りになる箇所に立体広場を配置する予定です。

※今後の実施設計や関係官庁との協議等により計画に変更が生じる場合があります。

④福岡パルコと新天町の一体化!

天神二丁目南ブロック駅前東西街区プロジェクト(仮称)

現在の様子(2023年1月20日)

「福岡パルコ本館・新館」「三井住友銀⾏」「西鉄福岡駅ビル」「新天町商店街は、敷地を一体化し、共働して整備を進める意向を示しました。歴史を継承しつつ、未来に向けた商店街・商業施設を低層部に形成します。

天神の中⼼地としての⽴地ポテンシャルを活かした、新しい⽂化・芸術を感じられる複合施設を目指しています。2030年度の開業を⽬指し、プロジェクトを推進しています。

※記載内容については現時点の想定であるため、今後の検討・協議等により変更になる可能性があります。

⑤イムズ跡地

天神1-7計画(仮称)

現在の様子(2023年1月20日)

イムズ跡地には、地上20階・地下4階・高さ91メートルの複合ビルが建つ予定です。竣工は、2026年3月を予定しています。地下は天神地下街とつながる予定です。

地下2階から地上2階までは、商業施設が入る予定です。敷地北東側にはシンボリックな緑化柱を配した地上広場を整備し、ベンチなどの休憩施設も設ける予定です。

※掲載されているパース等は現時点のイメージであり、今後の設計や関係官庁との協議等により変更となる可能性があります。

⑥福岡ビル・天神コア・天神ビブレが一体化

福岡ビル街区建替プロジェクト

現在の様子(2023年1月20日)

「福岡ビル」「天神コア」「天神ビブレ」は一体化し、地上19階・地下4階・高さ97メートルの新たな大型複合ビルに生まれ変わる予定です。竣工は、2024年12月を予定しています。

地下2階から地上4階までは商業施設が入り、ここにしかない新業態や福岡の魅力を最大限に活かしたフードゾーンなどを展開予定です。

※フロア構成やデザインなどについては今後変更になる可能性があります。

⑦天神ビジネスセンター

天神ビッグバン第1号

「天神ビッグバン」の第1号案件として2021年9月に竣工した「天神ビジネスセンター」。地上19階・地下2階・高さ約89メートルの大型複合ビルになりました。

天神ランチ イナチカ外観

地下は天神地下街とつながっており、地下2階ショップ・レストランフロアの「天神イナチカ」は連日賑わっています!今後も大注目の複合ビルです。

⑧MMTビルと福岡市役所北別館の一体化

北別館跡地活用事業

現在の様子(2023年1月20日)

「福岡市役所北別館」「メディアモール天神」は、地上18階・地下2階のビルに一体的に再開発される予定です。竣工は、2026年6月を予定しています。

地下2階から地上5階までは、吹き抜け空間になる予定です。外観は、近未来的なガラス張りのビル。完成後は「天神ビジネスセンター」と並び建つため、天神エリアを象徴するツインタワーになると期待されています。
※掲載パース等については、今後の設計や関係官庁との協議等により変更となる可能性があります。

⑨北天神

福岡中央郵便局およびイオンショッパーズ福岡の段階連鎖建替プロジェクト

現在の様子(2023年1月20日)

「福岡中央郵便局」「イオンショッパーズ福岡」は、連携して段階的に建て替えを行っていくプロジェクトを発表しました。

竣工は、「福岡中央郵便局」の建て替えビルが2030年頃、「イオンショッパーズ福岡」の建て替えビルが2030年代中頃を目標としています。これにより、新たな地下通路も整備される予定です。

※パースや目標整備時期は確定したものではなく、今後の検討・協議などにより変更となる可能性があります。

⑩水鏡天満宮周辺

天神一丁目15・16番街区計画(仮称)

現在の様子(2023年1月20日)

「水鏡天満宮」「赤煉瓦文化館」周辺の天神一丁目15・16番街区は、2030年以降の実現を目標に一体整備が検討されていると発表されました。

このまちづくりでは、「水鏡天満宮」の再配置や「赤煉瓦文化館」前の県道の天神通線への付け替え「赤煉瓦文化館」と一体となった公園の建設などが検討されています。

※パース・スケジュール等は未定であり今後の行政との協議等により変わることもあります。

OTHER FEATURES
おすすめの特集

【福岡グルメ】絶対食べてほしい!「人気店の看板メニュー12選」赤坂エリア編

2024.02.5

【福岡の喫茶店】昭和レトロブーム到来!今こそ行きたい『天神昭和レトロ喫茶店6選』

2022.06.2

【福岡グルメ】絶対食べてほしい !!!『人気店の看板メニュー7選』大名・警固エリア編

2022.12.17

「福岡・天神の進化系ラーメン6選」特別な一杯をご紹介!

2023.09.28